税理士は会社の発展に役立つ【税を納めるための体制】

HOME>記事一覧>税理士は経営者にとって心強い味方になってくれる

税理士は経営者にとって心強い味方になってくれる

男の人

信用を維持するために必要

納税は国民の義務です。もしこれを怠ってしまうと、追徴されることになります。個人なら個人の問題に止まりますが、これが会社なら社会問題に発展してしまうこともあります。
とはいえ、経営に集中したい経営者にとって税金のことをずっと考えるのは負担です。それなら税務の相談が唯一できる税理士に相談するべきです。顧問税理士がいれば決算についても適切なアドバイスが受けられます。

間違えやすい公認会計士と税理士の違い

公認会計士

経済活動における会計を監査するのが公認会計士です。会社が社会的に正しく発展していけるように、不正がないか監視していきます。税金については監査対象範囲外です。

税理士

税額の計算や申告業務を行なうのが税理士です。税務書類の作成も行ないますが、こういった税金関係の相談や代行は税理士しかできません。会計帳簿の代行もできます。

一時的な依頼もできる

税理士には会社の決算や税金の申告について相談することができますが、顧問契約を結べば永続的にこういった処理を手伝ってもらえます。もちろん、決算だけ頼む、ということもできますが、どの場合でも選び方を知っておくべきです。

良い税理士を選ぶためにはどうすればいい?

男女

第一印象で決めるのって良くない選び方ですか?

会社や経営者の方針と合うかどうかというのは、第一印象で分かることもあるのでそれでも大丈夫です。どんなに条件が良くても、実際に合ってみてあまり話しやすくなかった、というのであれば他の税理士を検討しましょう。

税のことは分からないので、話が通じるか不安です

そもそも、知らない分野のことは専門用語で説明されてもなかなか理解できません。良い税理士というものはきちんと税務の重要性を説明してくれますし、資産表など書類の見方も丁寧に説明してくれるものです。

すぐに連絡してくれますか?

アウトソーシングだと相手が忙しいときには気を使ってしまうものです。しかし、あまりにも返答が遅い税理士は頼りにならないでしょう。返答の目安は24時間なので、それで良い税理士かどうか見極めることができます。